経済速報

経済ニュースの2chまとめです

<12>

    韓国

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1 :名無しさん :2014/03/31(月)13:04:43 ID:VAOazYNAa

     
    psy

    PSYを知っていますか?…「称賛飢渇症」にかかった韓国―韓国メディア
    2014年03月31日

    韓国紙・朝鮮日報の中国語サイトは29日、「『称賛飢渇症』にかかった韓国」と題した金大植・韓国科学技術院脳外科教授の寄稿記事を掲載した。以下はその概要。

    「キムチを知っていますか?」「PSYを知っていますか?」。韓国を訪れた外国人は決まってこう聞かれる。質問されるのは東南アジアからの出稼ぎ労働者ではなく、韓国人が大好きな金髪に青い目の外国人だ。その答えが「No」なら質問した韓国人はものすごく落胆するが、相手がPSYの乗馬ダンスを踊りながら「Yes」と答えようものなら、たちまち「世界中は自分たちもの」だと歓喜し、陶酔する。

    中央や地方政府のPR動画にも白人企業家が親指を立てながら、「韓国は素晴らしい、投資にはもってこいの場所、韓国人は親切」だと称賛するシーンが盛り込まれている。高級住宅やホテルのコマーシャルにも必ず白人家庭が登場する。韓国の素晴らしさをアピールするには西洋人に認められることが必須だと思っているのだ。

    心理学者のアブラハム・マズローは「自己実現理論」で人間の5種類の欲求を5階層であらわした。下から「生理的欲求」「安全の欲求」「所属と愛の欲求」「承認(尊重)の欲求」「自己実現の欲求」の順。韓国はかつて世界で最も貧しい国の1つだったが、その後、血のにじみ出るような努力や苦労を経て、先進国の敷居をまたぐことができた。だが、われわれはいまだに称賛と歓迎を渇望している。

    だが、その渇望が度を超えると病気と化してしまう。マズローの理論によれば、すべての欲求が満たされると人間は「自己実現」の重要性に気付く。「自分は一体何が必要なのか、自分とは一体どんな人間なのか」といった欲求が生じ、その重要性に気付くのだという。だとすれば、韓国人も「PSYを知っていますか」式の称賛とは決別し、厳しい世界の中で「われわれは一体何が必要なのか」について考えるべき時がきたようだ。

    (編集翻訳 小豆沢紀子)

    http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/378095/

    【「PSY知ってますか?」韓国の自意識過剰が病的と話題・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1 :名無しさん :2014/03/31(月)09:27:42 ID:gg4sDkacl
     
    韓国版「ミシュランガイド」導入
    2014/03/27(Thu) 13:41

    民間基盤のレストラン評価システム導入案が今年内に用意される。
    農食品部は韓国版ミシュランガイドを制作して、65%水準の外食サービス
    満足度をさらに高める計画だ。韓国料理振興の方案も模索する。海外
    有名学校での韓国料理3講座を2017年には8講座に増やして、韓国料理の
    ユネスコ世界遺産登録も推進する予定だ 

    20121016172431jpg


    http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=16&ai_id=181104

    【ミシュランが韓国版ミシュランガイドを作ってくれない → 自分たちで作るwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1 :讃岐うどんφ ☆ :2014/03/31(月)08:38:48 ID:cAS4JMdr8
     
    菅官房長官が伊藤博文元総理大臣を暗殺したアン・ジュングンについて「犯罪者でありテロリストだ」と発言したことなどを巡り、韓国政府は、非常識な発言だとして強く反発し、安倍内閣の歴史認識を疑問視せざるをえないと非難しました。

    今月、オランダで行われた中韓首脳会談で、両首脳は伊藤博文元総理大臣を暗殺した韓国の独立運動家アン・ジュングンの記念館を中国東北部のハルビン駅に建設したことなどに触れ、歴史問題での中韓の連携をアピールしました。
    これに関連して、菅官房長官が29日に民放のテレビ番組で、アン・ジュングンについて「日本で言えば犯罪者でありテロリストだ」と述べたことを巡り、韓国外務省は30日夜、コメントを出し「アン・ジュングンを再び蔑視する発言をした」と強く反発しました。
    また、菅官房長官が中韓の首脳会談について「2か国だけ外れている雰囲気の会談だった」と述べたことを巡っても、「隣国の首脳会談についてまで是非を述べたことは常識から外れた言動だ」と非難しました。
    そのうえで、安倍総理大臣が歴代内閣の立場を全体として引き継いでいると発言したものの、それとは異なる発言が日本政府などから次々と出てくると指摘し、「安倍内閣の歴史認識は果たして何なのか疑問を持たざるをえない」と非難しました。

    img_0


    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140331/k10013368301000.html

    【韓国政府 菅官房長官の発言に強く反発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1:ババンギダ 2014/03/28(金)13:26:15 ID:ioVktIu9N

    「南北統一で最大の利益を得るのは日本」
    「韓日平和統一フォーラム」開催
    日韓議員連盟の額賀会長「日本には北朝鮮の経済発展のため支援する覚悟がある」

     民主平和統一諮問会議(民主平統)と東京大学の現代韓国研究センターは27日、東京のリッツ・カールトン・ホテルで「韓日平和統一フォーラム」(本紙・毎日新聞後援)を開催した。このフォーラムで、木宮正史・現代韓国研究センター長は「韓国が主導する形で平和的統一が達成された場合、最大の利益を得る国は、ほかの国と比較してみると日本のほかにないだろうと考える」と語った。

     木宮センター長は「統一は、日本にとっても『大当たり』かもしれない。北朝鮮をどのように統一に参加させるか、日本がどのように寄与できるかは、韓日が協力すべき最大の課題。こうした課題を目の前にしながら、歴史・領土問題で対立している現在の状況は、両国にとって大きな損失」と語った。

     韓国で朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が当選した直後、安倍晋三首相の特使として韓国を訪れた額賀福志郎・日韓議員連盟会長は「(統一は)周辺国に良い影響を与えるだろう。北朝鮮の経済発展のため、経済支援を行う覚悟をわれわれ(日本)は持っている。それができる環境を作っていくべき」「韓半島(朝鮮半島)が安定を取り戻し、地域の経済を繁栄させていく上で、日本は最後のカードを持っている」と語った。

    img_1501436_61096440_0


    東京= 金真明(キム・ジンミョン)記者
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/03/28/2014032801491.html

    【南北統一で最大の利益を得るのは日本ニダwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1 :ライトスタッフ◎φ ★:2014/03/15(土) 10:51:43.99 ID:???
     
    韓国企業が特許侵害で外国企業から訴えられるケースが急増している。 
    2013年は334件と、過去3年で2倍になった。米国などで特許訴訟全体が 
    増えているのに加え、韓国企業に知的財産権を軽視する傾向があった面も 
    ある。14日には東芝の研究データ漏洩事件で、東芝に続いて米サンディスクが 
    韓国SKハイニックスを提訴した。 

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1405C_U4A310C1FF2000/?dg=1 

    ◎主な関連スレ 
    【技術流出】損失は1千億円以上 東芝、SKハイニックスを提訴--東芝「ハイニックスとの次世代半導体の開発提携は維持する」 [03/14] 
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1394749366/ 

    【技術流出】米SanDisk(サンディスク)も韓国ハイニックスを提訴--東芝のデータ漏洩事件で [03/14] 
    http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1394767399/ 

    【【悲報】韓国企業が「特許侵害」で外国企業から訴えられるケースが急増、3年で2倍に】の続きを読む

    このページのトップヘ