経済速報

経済ニュースの2chまとめです

<12>

    転職

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    辞表出したらとんでもないことになった

    ダウンロード

    【辞表出したらとんでもないことになった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    102: おさかなくわえた名無しさん 2006/05/07(日) 20:02:57 ID:19HUGXmx

    mensetu

     
    中途採用試験を受けた 
    そして面接でのこと 
    面接に行き ドアをノック 
    扉を開けると 
    なんとそこに学生時代の友人が座っているではないか 
    お互い目が合い 同時に「アーーッ!」と声をあげた
    友人が自分の面接官とはいやはや世間は広いよーで狭い 
    お互い嬉しさと懐かしさが入り乱れた気分で 面接が始まった 
    相手が旧友とゆー事もあり、面接も笑いも交えて 
    滞りなく進んだ、話すべき事を話し、聞くべき事を聞いた 
    最後に会釈をし、彼も今度飲もうな!と言い軽く目で合図 
    おれも目で合図をし、部屋を出ると軽くガッツポーズした 
    小躍りしたい気分を抑えて会社を後に 
    不採用通知をもらったのはその日の夜だった 

    【【涙線注意】面接官が昔の友達だった結果】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1 :ライトスタッフ◎φ ★:2014/03/12(水) 21:42:42.72 ID:???
     
    リクルートの転職サイト「リクナビNEXT」が、Webコンテンツ「勇者でした」を 
    公開しています。魔王を倒した勇者のその後を描くWebページとなっており、 
    無職になった勇者が仕事に目覚める様子をファミコン風のビジュアルで面白おかしく 
    見せています。 

    サイトではプロモーション動画が視聴できるほか、Webサイト上にあるつぼや 
    人物をクリックすることで、ちょっとしたイベントが発生する仕掛けになっています。 
    ミニゲームも用意されていますので、遊んでみてはいかがでしょうか。 



    http://alp.jpn.org/up/s/18224.jpg 



    http://alp.jpn.org/up/s/18225.jpg 




    ●動画 http://youtu.be/2ri1cyDC8v0 

    ◎「リクナビNEXT」のWebコンテンツ「勇者でした」 
    http://rnn-next-1583477721.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com/hero/ 

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1403/12/news081.html 

    【【リクルート】「ゆうしゃは むしょくに なった」 ファミコン風の転職PRサイト『勇者でした』がちょっと面白い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1 :ライトスタッフ◎φ ★:2014/03/17(月) 10:29:16.34 ID:???
     
    ここ数年だけを見ても、スマホやファストファッションなど、続々と新ビジネスが 
    台頭している。これら成長著しい話題の業界に飛び込んだ人たちは今、どうなったのか。 
    彼らの転職後をリサーチした。 

    【金融危機で給料遅配。流行のLINE関連に転職するも……】 

    <田中幸一さん(仮名)30代・男性の失敗例> 

    ■準大手証券会社(年収300万円)⇒株ニュース配信会社(年収800万円) 
     ⇒LINE関連会社(年収600万円) 

    全世界でユーザー数が3億人を突破したというLINE。その人気の要因が、可愛らしい 
    スタンプ。そんなコンテンツを制作するLINE関連会社に最近転職したのが、田中幸一さん 
    (仮名)だ。’00年に大学を卒業した田中さんは、ITバブルで狂喜乱舞するなか、準大手 
    証券に入社。 

    「ところが、ほどなくしてITバブルは崩壊。顧客は1000人くらい、預かり残も30億円ほど 
    と営業成績は同期のなかでもトップクラスでしたが、顧客に投資してもらうほど資産は 
    目減りするばかり。なんだか顧客を沈めているように感じ、自己嫌悪に陥ってしまって……。 
    ちょうどこの頃から『ネット証券』が登場し、ネット株が話題になっていたので、これから 
    の時代は株のネットニュース配信だと思って転職を決意しました」 

    転職先は希望した株ニュース配信会社。機関投資家との契約だけでなく、個人投資家向けの 
    有料情報サイトも好調だったという。 

    「年収約550万円とそこそこの条件で転職でき、30歳のときには800万円くらいもらえた。 
    ところが、今度はライブドアショックで個人投資家が激減、さらにはリーマン・ショックが 
    追い打ちとなり、完全に終わりました……」 

    民主党政権時の日経平均は8160円まで下がり、投資意欲も低迷。田中さんが働く会社は 
    経営難に、給料の遅配もあったとか。 

    「このまま沈む舟に乗っていられないと思い転職活動をし、LINE関連会社へ。僕が転職する 
    直前には給料の未払いもありましたから、次が決まってホッとしました」 

    今は金融に関するスマホコンテンツ制作に携わっているそうで、年収は約600万円。LINE関連 
    企業ということで勢いがあるが、「辞めたのは後悔していないけど、金融業界にいたかった」 
    と納得できない部分もあるとか。 

    「転職活動をしていたのがアベノミクス前だったので、金融業界の募集がほとんどなかったん 
    です。タイミングが悪くて。もともとは公務員志望だったけど、“人生は投資”。これからも 
    成長産業に自分を投資していきたいですね」 

    安定志向の田中さんは、皮肉にも成長産業に転職し続けるしかないようだ。 

    LINE_icon


    http://nikkan-spa.jp/588450 

    【【転職】流行のLINE関連企業に転職した男の今 田中幸一さん(仮名)30代・男性の失敗例】の続きを読む

    このページのトップヘ