経済速報

経済ニュースの2chまとめです

<12>

    海外

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    1 :ライトスタッフ◎φ ★:2014/03/09(日) 07:49:27.13 ID:???
     
    ブラジル・リオデジャネイロで市営の清掃会社に勤務する清掃員らのストライキが 
    長期化し、路上にごみがあふれている事態が続いている。一部清掃員は6月に開幕する 
    サッカー・ワールドカップ(W杯)開催中にもストを行う可能性があり、市当局は 
    事態打開を急いでいる。 

    ストは、世界的に有名なリオのカーニバル開催中の今月1日に開始。市当局と組合の 
    交渉は3日に9%の賃上げで妥結したが、一部清掃員は一層の賃上げを求めてストや 
    抗議デモを続けており、路上には多くのごみが散乱したままだ。 

    カーニバル期間中は国内外から多数の観光客が訪れ、未明まで市内各所でパーティーが 
    続いたため、ごみの量は通常よりかなり多かった。南半球のリオは夏場のため、腐敗が 
    進んで異臭を放つごみも多く、市民らは困惑している。(共同) 

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/03/09/kiji/K20140309007740350.html 

    2 :名刺は切らしておりまして:2014/03/09(日) 08:07:31.31 ID:G706q/O8
    >>1 
    > 一部清掃員は6月に開幕するサッカー・ワールドカップ(W杯) 
    > 開催中にもストを行う可能性があり 

    手段を選ばんなwww 

    3 :名刺は切らしておりまして:2014/03/09(日) 08:28:47.14 ID:GuINTdOL
    南半球はまだまだ暑い時期、、リオなら泳げないのは年間のうちわずかだから 
    においもスゴイだろうね 伝染病とか大丈夫かな 

    >消火器系の感染症やウイルス性肝炎などは一年を通して発生しています。 
    >ネズミなどのげっ歯類の尿や糞などからうつるレプトスピラ症 (ワイル病)や 
    >ハンタウイルス肺症候群も発生しています。 
    ネズミのふんを吸い込むような環境もリスクが有る 

    4 :名刺は切らしておりまして:2014/03/09(日) 08:51:41.28 ID:DSrGDLYs
    公衆トイレの衛生は大丈夫かな? 

    【ブラジル・リオの街がゴミだらけに、W杯懸念も--市営清掃会社に勤務する清掃員らのストライキが長期化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    1 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★@転載禁止:2014/03/05(水) 19:17:15.38 ID:???0

     
    ★「少量」大麻所持は逮捕されず、米首都で法案通過 
    TBS系(JNN) 3月5日(水)12時43分配信 

    「少量の大麻を所持していても逮捕されない」。 
    こんな法案がアメリカの首都ワシントンの議会で4日、可決されました。 

    ワシントンの市議会で可決したのは、大麻28グラムまでの所持について刑事処分の対象から外し、 
    罰金のみにするという法案です。 

    大麻を公の場で使用することは依然として違法ですが、ワシントンでは大麻の単純所持で検挙される人の 
    9割をアフリカ系住民が占めており、警察が特定の人種を標的にする理由になっているのではとの批判を受け、 
    大幅な規制緩和に踏み切ったものです。 

    「ここから見てもらおうかしら」(コロラド州デンバーの大麻工場) 

    ワシントンだけではなく、いまアメリカでは大麻の規制緩和、または合法化への動きが活発化しています。 
    西部・コロラド州では今年から嗜好用の大麻の販売と使用が全面解禁されました。 

    「良かったと思います。長年かけてようやく実現でき、他の州もいずれそうなるんじゃないでしょうか」(コロラド州の住民) 

    合法化することで大麻の使用者が留置所をパンクさせることもなく、 
    また、大麻の売り上げで州政府の税収も増えるというのが賛成派の意見で、 
    世論調査でも過半数のアメリカ人が合法化を支持しています。 

    車社会のアメリカで大麻の使用による事故が急増するのではなどの慎重意見も根強くありますが、 
    ワシントンの他、およそ15の州で今年中に合法化法案を通そうという動きがあり、 
    その動向に注目が集まります。(05日11:26) 

    ※リンク先に動画あり 
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140305-00000021-jnn-int 

    【【米国】少量の大麻所持は逮捕されず、米首都(ワシントンDC)で法案通過】の続きを読む

    このページのトップヘ