経済速報

経済ニュースの2chまとめです

<12>

    グルメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    たこ焼きのタコの代わりに入れると美味いの

    ダウンロード (1)

    【たこ焼きのタコの代わりに入れると美味いの】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    日本マクドナルドの巻き返しは可能なのか 問題は「中国鶏肉」だけではない!
    a7934629824f160f788467655c4a1835



    【日本マクドナルドの巻き返しは可能なのか 問題は「中国鶏肉」だけではない!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    セブンのうまい食いもん教えてくれ!
    8ff864cf


    【セブンのうまい食いもん教えてくれ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1 : 河津落とし(東京都)@\(^o^)/:2014/07/20(日) 20:04:06.90 ID:9Lfk4Zu20.net 2BP(1000)


    美味しいイタリア料理をリーズナブルに食べられることで人気のファミリーレストランチェーンといえば『サイゼリヤ』だ。 
    気軽に行ける価格なので家族から独身まで幅広い利用者がいるが、自称サイゼリヤを極めたコストパフォーマーである当編集部の佐藤記者いわく、 
    170円でサイゼリヤを究極に楽しむ方法があるという。 

    佐藤記者 
    「ココで普通に食べているヤツは素人。本物のコストパフォーマーなら170円払うだけでマリーアントワネット級のフランス貴族気分が味わえる方法を知っている。 
    ついてきてください。本物のサイゼリヤをお見せしますよ」 
    とのことである。100円玉2枚でフランス貴族気分が味わえるとは非常に興味があるが、いったいどのような注文をするのだろうか? サイゼリヤはイタリア料理店なのにフランスでいいのか? 
    という疑問は置いておいて、今回も佐藤記者に付いていくことにした。 

    なんとお店につくと速攻で100円のグラスワインと、69円のペコリーノ粉チーズを注文。どうやら粉チーズをつまみに、グラスワインを飲むことでとても贅沢な気分になれるのだとか。 
    あまりに貧乏臭いと思ったが、ワインと粉チーズの相性は悔しいことになかなか良かった。ペコリーノは羊のチーズでややクセがあるため、少量で立派なワインのお供になるのである。 

    佐藤記者 

    dsc06234


    http://sociorocketnews.files.wordpress.com/2014/07/dsc06234.jpg 

    100円のグラスワイン&69円のペコリーノ粉チーズ 

    ]


    http://sociorocketnews.files.wordpress.com/2014/07/dsc06215.jpg 

    貴族気分に浸る佐藤記者 

    dsc06221


    http://sociorocketnews.files.wordpress.com/2014/07/dsc06229.jpg 

    dsc06229


    http://sociorocketnews.files.wordpress.com/2014/07/dsc06221.jpg 

    ・サイゼリヤ1000円フルコースも 
    また、給料日後などでお金に余裕があるときは『サイゼリヤ1000円フルコース』を注文し、豪華な気分になるという。たとえば「真イカのパプリカソース」、 
    「ポテトのオーブン焼き」、「柔らか青豆の温サラダ」とワイン、「ミラノ風ドリア」を注文するとちょうど1000円程度だそうだ。 
    サイゼリヤを極めたコストパフォーマー、佐藤記者の注文方法を試してみると良いかもしれないぞ。 

    1000円フルコースを前にご満悦の佐藤記者 

    dsc06211


    http://sociorocketnews.files.wordpress.com/2014/07/dsc06211.jpg 

    【サイゼリヤにて170円でフランス貴族気分を味わう方法】の続きを読む

    このページのトップヘ