経済速報

経済ニュースの2chまとめです

<12>

    エンタメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    正直に自分のFX歴とトータル損益を語り合おう。

    ダウンロード

    【正直に自分のFX歴とトータル損益を語り合おう。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    500円でFXを始めたわけだが

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/23(月) 09:12:07.89 ID:mPl6VDk+0.net
    超怖いんだが

    【500円でFXを始めたわけだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: FX2ちゃんねる 2014/06/07(土) 07:07:16.24 ID:???.net


    200804281044

    コンピューターを駆使して1000分の1秒単位で株式などの取引を繰り返す「超高速取引(HFT)」を巡り、米証券取引委員会(SEC)のホワイト委員長は5日、取引業者への監督などの規制強化に向けた検討を開始したことを明らかにした。同取引が投資家の公平性をゆがめたり、市場を不安定化させたりするなどの批判が高まっているためだ。 

    「(超高速取引が)圧倒的に優勢となっており、われわれの規制の枠組みを刷新する時だ」。ニューヨーク市で講演したホワイト委員長は、委員会のスタッフに超高速取引に関する規制強化案の策定を指示したことを明らかにした。 

     超高速取引を巡っては「市場を動かすような情報が他の投資家に行き渡る前に、利益を奪い取っている」(ニューヨーク州のシュナイダーマン司法長官)との批判が出ている。高性能コンピューターで瞬時のうちに大量の取引を行うことで、一般投資家との「スピードの差」が有利に働くほか、一般投資家より早く非公開の経済データなどの情報を入手しているとの疑惑も浮上。他の投資家の注文状況まで瞬時に入手し、いち早く売買を成立させることで「ほとんど損を出さずに利益を上げている」との指摘もある。短期的で大量の取引が市場の流動性を高めるメリットがある一方で、株価の乱高下を助長するとの危険性が懸念されている。  

     ホワイト委員長は、「技術を後退させるつもりはないが、投資家にとってどの程度不利に働いているかを評価している」と表明。超高速取引業者を登録させて監督を強化したり、市場が不安定なときに株価などの変動を更に激しくさせたりするような取引を制限する新たなルールの策定など広範な対策について検討を進めているという。 

     米メディアによると、超高速取引の業者が取引所から優遇されているとの懸念も出ており、米商品先物取引委員会(CFTC)も調査に乗り出している。 
    毎日新聞ワシントン平地修 
    http://mainichi.jp/select/news/20140607k0000m020108000c.html 

    【アメリカが超高速取引(HFT)の禁止を検討。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/06/11(水) 11:56:50.58 ID:jfweJuLh.net
    no title

    no title


    東京でこの大きさだと家賃20マン超えるでしょ 
    養育費銭ゲバヤリマンビ○チ

    【【画像】紗栄子の家が広すぎる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: FX2ちゃんねる 2014/06/09(月) 19:20:28.30 ID:2hDXjvtn0.net
    日本人のFX取引 
    40代会社員が最も多く 平均投資額は116万8,600円 
    日本人のFX事情
    日本人のFX取引に関するレポートが公表された。利用者の多い層や平均投資額、レバレッジは、どのくらいなのだろうか。 
    FX取引をしていると、周りの人の動向が気になるもの。そんな投資家の好奇心をくすぐるレポート「日本人のFX事情」が、5月26日に発表された。 

    発表したのは、外国為替取引事業者のダイナミックトレード。FX取引をしている20歳から69歳までの投資家100名を対象に、2月6日から13日にかけてインターネットによる調査を実施した。
    それによると、FX利用者の平均年齢は44.2歳で40代が最も多く、全体の半数以上は会社員だった。次に多かったのは専業主婦(主夫)で、全体の12%に達した。 

    具体的な投資金額については、証拠金として投資している平均額は116万8,600円。 
    また、FX取引を行っている人の約7割の人が株式投資も同時に行っており、FX取引以外の資産運用にも積極的なことも分かった。 
    レバレッジについては、4割の人が2~5倍程度のレバレッジで運用していると回答。意外にも堅く運用している人が多いようだ。 

    FX取引が個人投資家に広がる過程では、ハイリターンをうたって多くの業者が参入し、投資未経験者がFX取引を始めるきっかけをつくった。 
    しかし、FX取引には高度な技術が必要になるほか、当初は法律が未整備だったこともあり、多くの投資家が大きな損失を受けて問題になったこともあった。 

    例えば、損失を限定させるためのロスカット取引では、あらかじめ約束した水準でロスカット・ルールが設けられていたものの十分に機能せず、多くの顧客が不測の損失を受けたり、FX取扱業者自体が破綻するケースもあった。そこで、平成22年2月からは全てのFX取扱業者に対してロスカット・ルールを整備し、守ることが義務付けられた。 

    また、ハイリスク・ハイリターンをうたい文句に顧客を勧誘する業者が増えたことから、レバレッジの規制も実施。 
    平成22年8月からはレバレッジの上限が50倍に、平成23年8月以降は上限が25倍となり、投資家保護の法整備が進んだ。 

    堅実に取引をする投資家が多い理由は、こうした過去の背景や法整備の影響によって、FXのリスクがある程度認知されたからともいえそうだ。 
    http://moneyzine.jp/article/detail/211105

    【日本人FXトレーダーは40代会社員が最多。平均投資額は116万円。7割が株式投資と併用。】の続きを読む

    このページのトップヘ