経済速報

経済ニュースの2chまとめです

<12>

    宇宙開発

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1 : スターダストプレス(WiMAX)@\(^o^)/ :2014/06/13(金) 12:59:54.48 ID:YtKHA9ib0.net

    これがワープ実現の宇宙船――NASAが画像公開 
    2014.06.13 Fri posted at 12:30 JST 

    (CNN) 米航空宇宙局(NASA)は、光速を超えて宇宙空間を移動する「ワープ航法」の 
    性能をもった宇宙船の設計画像を公開した。 

    ワープ航法を実現する宇宙船の研究は、NASAの先端推進技術研究チームを率いる 
    物理学者のハロルド・ホワイト氏が2010年から取り組んできた。 

    イメージ図は同氏の設計をもとに、アーティストのマーク・レドメーカー氏が制作した。 
    制作には1600時間以上を要したという。ホワイト氏はSF映画「スター・トレック」に登場する 
    宇宙船にちなんで、この宇宙船を「IXSエンタープライズ」と命名。同船の設計も、1965年に
    描かれたスター・トレックのスケッチを参考にしている。 

    ホワイト氏は昨年11月に米アリゾナ州フェニックスで開かれた宇宙カンファレンスで、 
    この宇宙船のデザインやコンセプト、進捗状況を発表していた。同氏によると、「宇宙ワープ」
    は一般相対性理論に出てくる抜け穴の法則を利用して宇宙空間を歪曲させ、何千年も 
    かかって到達するような超長距離を数日で移動できる航法。この航法を採用すれば光速を 
    超えられるようになり、速度に制限はなくなる。 

    NASAによると、ワープ航法の存在はまだ実証されていないものの、その理論は物理学の 
    法則に反していない。ただ、実現できるという保証はないとしている。 

    http://www.cnn.co.jp/fringe/35049367.html 
    写真特集:これがワープ実現の宇宙船 
    http://www.cnn.co.jp/photo/35049366-2.html 

    The Big Picture: Imagining NASA's IXS Enterprise conceptual 'warp ship' 
    http://www.engadget.com/2014/06/12/nasa-ixs-enterprise/ 
     

    【NASA今度はワープを計画!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1: ガジェット名無しさん! 2014/06/03(火) 22:12:33.96 ID:???.net

    Google-Search
     

     米IT大手グーグルがインターネットに接続できる地域を地球規模で拡大するため、10億ドル(約1千億円)以上を投じて 
    人工衛星事業に参入する計画だと2日、米紙ウォールストリート・ジャーナルが報じた。 

     地上のネット環境を確保するため、180基の小型衛星を通常の衛星より低い軌道に乗せ、順次拡大していく。 
    投資額は30億ドル以上に膨らむ可能性もあるという。 

     グーグルはアフリカなどでネット接続地域を広げる狙いから4月には無人機製造ベンチャーの買収で合意した。 
    気球を使った研究も進めている。


    【Googleが衛星事業に参入か・・・・・? ネット接続を地球規模で拡大】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1 :やるっきゃ希志あいのφ ★:2014/03/27(木) 10:15:46.72 ID:???
     
    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、これまでしてこなかった民間企業の商業衛星の 
    打ち上げを、有償で請け負う方針を固めた。 
    2015年度に予定する天文衛星の打ち上げから、公募をしたい考えだ。 

    JAXAは主力ロケット「H2A」での衛星打ち上げで、余ったスペースがある場合、 
    大学などが教育目的で開発した小型衛星に限って無償で「相乗り」を認めてきた。 
    このため、商業目的で衛星を打ち上げる企業は、ロシアのロケットなどに依頼していた。 
    商業目的の需要が高まっている上、政府内で「空いたスペースをもっと有効に 
    活用すべきだ」との意見も出ているため、商業利用への道を開くことにした。 
    教育目的の衛星は、従来通り無償だという。 

    ダウンロード (1)


    ソースは 
    http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140326-OYT1T00429.htm?from=ylist 
    JAXA http://www.jaxa.jp/ 

    【【JAXA】商業衛星打ち上げ、有償で請け負いへ…】の続きを読む

    このページのトップヘ