経済速報

経済ニュースの2chまとめです

<12>

    軍事

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1: ◆D4vNpalM5M 2014/04/02(水)12:50:12 ID:8840iciSz

    戦闘機に限らず航空機の不良は、世界中の同型機の飛行停止など大きな問題になります。
    以下、DefenseNewsより。

    ニューデリー:インドがライセンス生産しているロシアSu-30Sukhoi(NATOコードネームはフランカーH)戦闘機20機以上のアビオニクス機器の基幹部分に障害が発見され、ロシア側インド側双方のオフィシャルがサブシステムの不備の責任はそちらにあると互いに言い合っている。

    インド空軍ソースによるとアビオニクス機器の障害はミッションコンピュータからヘッドアップディスプレイにまで及んでいるとのこと。

    インドはSu-30に272のロシア特許契約をしている、また140の特許はHAL(Hindustan Aeronautics Ltdヒンドスタン航空)のオリジナルだと言っている。
    しかしHALの関係者は、公的に障害のあるアビオニクスシステムについてはコメントを避けるだろう。
    しかしながら、HAL内のソースは、会社がイルクート(元の機器メーカー、ロシア)から提供された不良のサブシステムに対する苦情をロシアの武器輸出機関Rosoboronexportに既に送っていると言っている。

    インド空軍は、多くの場合、航空機の整備の妨げがロシアからのスペアパーツとサブシステムの不足が原因と訴えている。
    これに対しロシアの外交官は、スペアパーツの安定供給が配達を遅らせている。なぜならインドからの不規則な受注をいちいち確保することはできないからと述べた。また、HALとインド空軍は長期在庫と要件の計画を作成しないではないか、と外交官は付け加えた。
    http://www.defensenews.com/article/20140401/DEFREG03/304010017/Faulty-Avionics-Gear-Grounds-Some-Indian-Su-30s?odyssey=mod_sectionstories

    以上、翻訳が拙くてスマソ

    インド製のSu-30はオーダーメイドのインド仕様のため、インド製のミッションコンピュータシステムやアビオニクス(航空機に取り付けられる電子機器の総称)に加えフランスとイスラエルの電子戦システムを統合しています。
    これによる不具合なのか、はたまたモンキーモデルの悲しさなのか(インドのフランカーはモンキーじゃない!と言う人もいます)。

    しかし記事内にはインド空軍から、「インドのSu-30はロシア国内生産のものより30%割高になってしまっているのにどーいうことだ!?」という声があがっていると書かれています。
    1990年代末から開発が始まり今現在何機保有しているのか、いろいろ調べてもはっきりしませんが、記事内では「2016年までに140機を生産する予定である」となっています。しかし開発中に何度もアップグレードを繰り返しているので、どうなることやら。
    日本のF-35では同じようなことは起きそうにない、、、、と思いたい。

    インドSu-30動画 youtube
    http://www.youtube.com/watch?v=3q-1s-7hJqA


    25: ◆D4vNpalM5M 2014/04/02(水)21:18:45 ID:8840iciSz
    フランカーの変態機動動画 可変ノズルであんなことや、こんなことまで
    youtube   4分35秒あたり『ホバリングかよ!!』
    http://www.youtube.com/watch?v=7kRmRYgav7A



    もう一本 youtube 冒頭、ノズルが動く様子が、そしてその後!!
    http://www.youtube.com/watch?v=2lZT2fK7zHU


    2: ◆D4vNpalM5M 2014/04/02(水)13:05:57 ID:8840iciSz
    Su-30MKI (NATO reporting name: Flanker-H)

    http://open2ch.net/p/newsplus-1396410612-2.png
    2
     

    3: ◆D4vNpalM5M 2014/04/02(水)13:06:53 ID:8840iciSz
    Su-30MKI (NATO reporting name: Flanker-H)

    http://open2ch.net/p/newsplus-1396410612-3.png
    3
     

    4: ◆D4vNpalM5M 2014/04/02(水)13:07:18 ID:8840iciSz
    Su-30MKI (NATO reporting name: Flanker-H)

    http://open2ch.net/p/newsplus-1396410612-4.png
    4
     

    5: ◆D4vNpalM5M 2014/04/02(水)13:07:47 ID:8840iciSz
    Su-30MKI (NATO reporting name: Flanker-H)

    http://open2ch.net/p/newsplus-1396410612-5.png
    5


    【 インドのロシア戦闘機フランカーに不良が発覚!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1: 名無しさん 2014/03/29(土)20:16:31 ID:jFparJuCC

    zHIyyYC
    xO7uClY


    【【画像】ポーランドの戦車がランボルギーニみたいなデザインwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1 :ハイカイおじさん◆LiJGXKwIAQ :2014/03/24(月)00:29:38 ID:Bo16YOYXK
     
    北朝鮮軍 新型高速船を建造=海上戦力強化の一環

    【ソウル聯合ニュース】
    海上戦力の強化を続けているとされる北朝鮮が先ごろ、海岸から特殊部隊員を上陸させることのできる新型高速船を建造したようだ。

    韓国政府の消息筋は23日、「北朝鮮が特殊部隊の作戦能力を高めるため、昨年からスリムな高速船を建造している。
    同高速船は実戦配備段階にあると分析される」と明らかにした。

    高速船は全長15〜20メートルの小型で、完全武装した少数の特殊部隊員を移送する目的で製作された。
    時速は100キロ以上で、北朝鮮が現在配備しているホバークラフトより速いという。

    消息筋によると、北朝鮮は昨年初めて同高速船の試験運航を行っており、韓米軍当局は衛星でこれらの様子を確認した。

    韓国軍関係者は「北朝鮮は海上戦力を強化しており、高速船の建造も同戦略の一環とみられる。
    高速船が実戦配備されれば、既に運用されている半潜水艇とともに、大きな脅威になるだろう」と指摘した。

    一方、北朝鮮は2000年代から生産を始めた新型戦車「先軍号」に燃料気化爆弾の発射装置を装着したほか、
    車体の厚さを800〜900ミリに強化したという。

    2014/03/23 10:46 聯合ニュース
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2014/03/23/0300000000AJP2
    0140323000300882.HTML

    【【軍事】北朝鮮軍 新型高速船を建造】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1 :これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw :2014/03/23(日)11:35:17 ID:V1fE60A53
     
    安倍晋三首相は、平和の前に戦争あり、を疑わせる「積極的平和主義」を打ち出しました。自衛隊の活動は、見直しが必要なほど消極的でしょうか。

    モンゴル軍に技術指導

    カンボジア、東ティモールといった自衛隊がPKOで活動した国のほか、憲法改正してPKO参加を決めたベトナム、モンゴル、インドネシアへ隊員を派遣したり、軍人を招いて日本の技術を習得してもらおうというのです。

    イラクでも独自の活動

    初の「戦地派遣」となったイラクでの自衛隊は独特でした。自衛隊らしい活動を考え抜いた結果、施設復旧、医療指導、給水に徹したのです。地元の人々を雇用しての施設建設や道路工事によって信頼は高まり、各国の軍隊が視察に訪れるほどでした。

    「軍事力強化」に違和感 

    海外の紛争から距離を置いてきた戦後の平和主義を「消極的」とみなして否定し、第一次安倍政権で掲げた「戦後レジームからの脱却」を実現する狙いがうかがえます。強い意気込みは「パワーバランスの変化の担い手は中国、インドなどの新興国であり」「米国の国際社会における相対的影響力が変化」「強力な指導力が失われつつある」との記述から分かります。弱体化した米国を軍事力を強化して補うというのです。それには憲法解釈の変更が必要だというのが安倍首相の考えです。

    自衛隊の地道な活動とはあまりにも違います。「普通の軍隊」にしようとする試みに強い違和感を覚えます。

    2DSC01196


    抜粋イカソース
    http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2014032302000095.html

    【 【中日新聞/社説】 自衛隊『普通の軍隊』化に強い違和感】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    1 :名無しさん :2014/03/23(日)10:57:23 ID:5KAKe9Xpc
     
    95c44_429_b3bb9448_dd7d5461

     
    http://news.livedoor.com/article/detail/8658492/
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/9/5/95c44_429_b3bb9448_dd7d5461.jpg
    日本の接続水域に中国の潜水艇?日本防衛省の発表に「米国の潜水艇では?」「わざと見つけさせたか?」―中国ネット

    中国メディア・環球網は21日、日本の海上自衛隊P−3C対潜哨戒機が19日夜に、
    沖縄県の宮古島付近の接続水域で潜水艇1隻が潜水航行していたのを発見したとする防衛省の20日の発表を報じた。

    (中略)
    この報道について、中国のネットユーザーからは以下のような意見が寄せられた。

     「小日本はどれだけウソが好きなんだ。いなくなった飛行機だって発見できないのに、潜水艦なんて。信じるヤツはバカだ」
     「アメリカの潜水艦が日本を監視してるかもしれないじゃん。間抜けだな」
     「確固たる証拠がないなら、黙ってろ」
    一方、「見つかる潜水艦に問題がある」といった趣旨の意見も見られた。

     「われわれの潜水艇はなぜそんな簡単に発見されるの?わざと見つけさせたのか?」
     「潜水艇なのに見つかるなんて悲しい」
     「日本の対潜能力が高いということだろう」
     「潜水艦がボロボロで騒音が大きいから見つかるんだ」
     「潜水艦が見つかるということは、まだまだ努力して差を縮めなきゃいけないことを示しているのだと思う」
     「潜水艦がしょっちゅう発見されるというのは、良いことではないわな」
    (編集翻訳 城山俊樹)

    【沖縄】潜水艦が接続水域航行=国籍不明 、宮古島沖 -防衛省
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1395304713/

    【【中国】日本の水域に中国の潜水艇?防衛省の発表に 「わざと見つけさせたか?」】の続きを読む

    このページのトップヘ